田中謹也 アイトレーニング【自宅で簡単視力回復トレーニングの評判は?】

子供の視力回復トレーニング教材評判実績ナンバーワンの

アイトレーニングは、

1日13分たった2ヶ月で視力回復した最新手法です。

教材の内容をみる

 

視力回復成功者実績No.1のアイトレーニング

子供の近視なんとかしてあげたい!!

でも、

視力回復なんて無理とあきらめていませんか?

 

ミドリンやミオピンといった眼科で処方される目薬を点眼している

視力回復レーニング(ワック)を眼科で行っている

眼にいいと言われているサプリを毎日摂取させている

超音波治療器などの視力回復装置を購入して使用している

ピンホールメガネを使用して視力回復トレーニングをさせている

3Dの絵本(マジカルアイ)を利用した視力回復方法を行っている

など…

今までに、いろいろな視力回復法を試してみたけれど、

お子さんの視力回復の効果が得られなかった…

そんなあなたに朗報です!!

取って置きの視力回復トレーニングを公開中!!

アイトレーニングは、

視力回復教材の中で、最も評価評判がよく顧客満足度も高いので売れ続けています。

「年長さんでもご自宅で無理なく簡単にでき、

しかも楽しく継続して行っていける画期的な視力回復法」

を視力アップ専門アイトレーニング視快研のインストラクター田中謹也さんがお教えします。

田中謹也さんは、

株式会社アイトレーニングの代表で、

視力回復トレーニングの専門インストラクターです。

その経験から、90%以上のお子さんの視力を0.8以上に

回復させてきた実績のある手法を公開しています。

アイ・トレーニングは、科学的トレーニングプログラムです。

NPO「日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と、

数多くの実験・検証を繰り返し完成しました。

この方法は、10年間で2098名のお子さまの視力を0.8以上に回復させてきた、

改善率90%以上の効果実証済みの視力回復法です。

「1日たった13分のトレーニングを2ヶ月続けるだけ」

企業秘密である視力回復法を公開しています。

アイトレーニング

 

そもそも近視とは?

近視とは、

近くのものにピントが合ったまま止まってしまっている目の状態のことです。

そして、

子供の視力は仮性近視と呼ばれる0.7以上の視力なら、元に戻る可能性は非常に高いです。

だけど、

真性近視(視力0.7未満)になってしまうと、元の視力には戻らなくなってしまうのです。

それに、

いったんメガネをかけ始めると近視はさらに進んでしまい、もう視力は回復しません…

そうなると、お子さんは一生、

メガネかコンタクトレンズの生活を送らなければならなくなってしまいます…

※特に、小学校低学年からのメガネの常用は、

子供の近視を急速に進めてしまう可能性があるので気をつけてください。

さらに、

幼いころからの重度近視(0.1以下)は、

日常生活に支障がでるばかりではありません。

将来的には…

網膜剥離

緑内障

といった重大な眼病になる可能性も高くなってしまうんです…

 

もしかして、

「近視は遺伝」と思いこんでいませんか?

近くのものを凝視し続ける生活環境や習慣が

近視の直接的な原因であり、

単純に遺伝が近視の原因ではないのです。

眼は近くのものを見るとき、

毛様体筋というピントあわせにかかわる目の筋肉を収縮させて

水晶体というレンズを分厚くし、近くにピントを合わせます。

同じ姿勢を続けていると肩の筋肉が凝り固まり

「肩コリ」になるのと同じように

毛様体筋も近くにピントを合わせたままでいると

凝り固まってしまいます。

この状態では遠くのものを見ても毛様体筋は収縮し続け

水晶体は近くにピントがあった状態のまま止まっているので

遠くのものにピントが合わなくなります。

そのまま放置されると目の「コリ」がどんどんひどくなっていき、

仮性近視の状態が常態化していくと、本物の近視になっていくのです。

視力は手遅れになればなるほど回復が困難になってしまうからこそ、

重要なのは早期発見、早期トレーニングです。

アイトレーニング実践結果

 

アイ・トレーニング コンプリートキット

ノウハウとは、どんなタイプの人が取り組んでも

それ相応の結果が得られるものでなくてはなりません。

例えば、

ある人が視力回復に成功した方法を真似して試してみたところで

あなたのお子さんのも同じような視力回復効果が期待できるとは限りません。

誰でも視力がアップする

というものではないということです…

でも、

視力回復法は、

誰にでも効果がなくてはなりません

誰にでも実行できるものでなくてはなりません

これが視力回復のプロとしての田中謹也さんの持論です。

そして、

田中謹也さんの知識・経験・実績を全て詰めて完成したのが、

『アイ・トレーニング コンプリートキット』です。

 

アイトレーニングのやり方は、

ヒモに通した距離の違うビーズを”ある順番”に従って、

それぞれ数秒ずつ見つめるだけの簡単な方法です。

( ↓ ↓ ↓ このように)

これにより、両目の動きが正常か否かを自己診断しながら、

ピント合わせにかかわる毛様体筋を鍛えることができます。

また、両眼を正しく使うことで距離感や立体感を感じ取る、

両眼視機能を向上させることも同時にできるのです。

そして、

このトレーニングはその効果の高さから

プロ野球選手

プロボクサー

などのプロスポーツ選手も

トレーニングに取り入れているほど。

この他にも合計4種類ある アイトレーニングを実践すれば、

年長さんでも自宅で楽しく簡単に視力アップが期待できます。

この3つのステップを実行するだけいいんですよ。

1日トータルで13分

たった2か月続けるだけで視力アップ!?

しかも、

アイトレーニングの基本は視力低下予防法なので、

ある秘策を使えば、アップした視力を維持することも可能なのです。

 

アイトレーニングを始めたいけど、

近くに店舗がない…

という方のために、

田中謹也さんの持っている知識やトレーニング法の中から、

たった2ヶ月で簡単に視力回復するとともに、

その回復した視力を維持する方法をいくつかピックアップ。

どれも田中謹也さんが直接指導を行い、

有効性を確認した視力回復トレーニング法の全てを

完全プログラム化したのがこの教材です。

 

目が悪いって本当に不便なものです…

だから、

大切なお子さんには、そんな思いはしてほしくありませんよね!?

眼鏡やコンタクトレンズなんて

必要ない生活をしてもらいたいものです。

10年間で、2098名の子供たちの視力を0.8以上に視力回復させてきた田中謹也さんが、

プロスポーツ選手も取り入れている視力アップ法の全てを公開しています。

アイ・トレーニングで、正しい方法でケアを行って、

大切なお子さまの「目」を守ってあげてください!(^^)!

公式サイトはこちら