柳原博志の世界標準の骨を使った直線運動上達法とは?【評判・ネタバレ】

日本で一番購入されているゴルフマニュアル

柳原博志さんのゴルフ上達法革命

世界標準の骨を使った直線運動上達法の評判が良く売れ続けています!

あなたもゴルフスイングを欧米人のスイング変えて、スコアーを伸ばしませんか?

その秘密を公開しています。

教材の内容を見る

 

骨を使った直線運動

ゴルフスイングは2種類あります。

欧米人のスイング

日本人のスイング

この2つには明らかな違いがあるのです。

欧米人の“共通の動き”が、出来るようになれば、

あなたのスイングは見違えるほど良くなるということになります。

ということは…

スコアーも自然に良くなるということになりませんか!?

ひとつの “骨の動き”が出来るようになると、他の“骨の動き”も、

骨が関節で連動するため、自然と出来るようになります。

常に同じ一貫性の動きを作り出すのは、柔らかい筋肉ではなく

硬い“骨の連動” だから出来るのです。

この“世界標準の骨を使った直線運動上達法”は、

日本人のレッスンプロでは決して教えることが出来ない

欧米人の“共通の動き”の秘密を大公開!!

もしかして…

回転運動はゴルフの常識と思っていませんか?

いいえ、

ゴルフは回転運動ではなく、直線運動なのです。

そして、

欧米人のゴルフスイングは直線運動!

これは、すでに世界標準のスイングなのです。

上半身を主体に使う欧米式

下半身を主体に使う日本式

上半身を主体に使うと身体を自然に直線的に動かせますが、

下半身を主体に使うと身体を自然に回転させてしまうのです。

胴長短足の日本人は、どうしても回転運動が自然に出てしまう…

そこで、

欧米人のスイングの“共通の動き”を徹底的に検証して、

マニュアルにまとめました。

それこそが、

柳原博志さんのゴルフ上達法革命 世界標準の骨を使った直線運動上達法です。

日本で一番売れている“ゴルフスイング上達法”

評価の高い超ロングセラーゴルフマニュアルです。

欧米人にとっては当たり前の世界標準”の基本的な動き”

欧米人が自然にやってしまう動きこそが“欧米人ゴルフ理論“ です。

この方法を実践した方の口コミも紹介しています。

あなたのゴルフスイングがどんな風に変わるのか?

必見です!!

くわしくはこちらをご覧ください

 

欧米人のスイングと日本人のスイングはどう違う?

欧米人は

重心移動 2軸

左膝の伸びた

上半身主体スイング

そして、

日本人は

体重移動 1軸

左膝の曲がった

下半身主体スイング

これさえ直せば、あなたも日本人のスイングから欧米人のスイングに!?

マニュアルでは、日本人の左股関節の位置を、

欧米人の左股関節の位置に直すことが中心になっています。

もしかしたら…

あなたのゴルフスイングは間違っているかも!?

そんなあなたにこそ、

このゴルフ上達法革命

世界標準の骨を使った直線運動上達法を役立ててほしいのです。

ぜひ、このマニュアルで欧米人のゴルフスイングをマスターしてください。

日本人のゴルフスイングと欧米人のゴルフスイングの違いや

世界標準の欧米人ゴルフスイングの秘密も大公開しています。

本気でゴルフを上達したいと思っているなら、知ってて損はない

情報がたくさん詰まっています。

現に、このホームページだけを読んで、練習場で2時間練習しただけで、

スコアーが [100から 90] になってしまった人がいるほどです。

ホームページはこちら